地域密着型の福祉サービスを目指す 社会福祉法人 江戸川豊生会

  • line
  • line
  • line

福祉施設の概要

  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line

保育所の概要

  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • line
  • 情報公開
  • line
  • 入札について
  • line

ご相談はこちら

福楽園

江戸川豊生会ホーム > 第二みどりの郷 > 居宅介護支援事業

方針


(1)

要支援・要介護認定を受けられている方を対象に、その方が可能な限り在宅においてその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことが継続出来るよう、個々の生活や能力に見合った日常生活上の生活・身体援助、交流の場の提供、機能訓練等のサービスの調整を行い、身体的な介護負担感の軽減、自立支援・社会復帰を目指します。また、ご本人・ご家族への助言も随時行ってゆきます。

(2)

ご利用者・ご家族の喪失感、孤独感等を受け止めて共感し、精神面でのサポートも実施する事により、悩みの解消・精神的な介護負担感の軽減・家族関係の円滑化等に努めます。

(3)

各関係機関との連絡調整を密に行い、ご本人本位のサービス提供に努めます。常にアンテナを広く張り、迅速な対応が出来るよう努めます。

重点項目


(1)

居宅介護計画書及び介護予防支援計画書の作成及び設備
ご本人の希望や心身の状況、ご家族の希望、家庭環境、経済状況等に沿った各計画書の作成及び整備に努めます。また、モニタリンク、サービス担当者会議、月1回の家庭訪問を確実に行うとともに、記録を整理します。

(2)

他機関との連携
区役所や地域の包括支援センターとの連携を密に行い、効率の良いサービス提供に努めます。

(3)

福祉用具選定及び家族への指導・助言
専門職(機能訓練指導員等・福祉用具専門相談員・福祉住環境コーディネーター)との連携による、福祉用具の選定及び動線の確保・家具等の配置変えを行い、自宅内の環境整備に努めます。また、介助法の指導や自宅で行える体操メニューの作成・指導を行い、利用者の身体状況の向上を図ります。

(4)

ご利用者確保の取組み策
担当ケースは、介護支援専門員一人あたり、介護給付35件、予防給付8件までを確保するため、次の対策を講じてゆきます。
@ 区役所のホームページ等を活用して第二の事業を広報します。
A 地域包括支援センター及び近隣病院を訪問し、当事業所のアピールに努めます。
B 地域連絡会に積極的に参加し、ケース移行の受け入れをアピールします。
C 終了者のご家族との連絡を切らさず、将来的に利用に繋がるよう働きかけてゆきます。

サービス内容

  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービス
  • グループホーム心